menu

足の親指、一関節分前進する だけで…

公開日:2019年02月17日 カテゴリー:新着情報, 活動報告 タグ:

さばきのニュートラルポジションから…
足の親指、一関節分前進する
だけで…
より相手の肩へのアプローチが強くなります😃
なぜそんなに小刻みに動くのか?
それは、セルフディフェンス発動場所に関係します。
例えば居酒屋のトイレや施設内通路など活動範囲の限られた中で
打撃や掴み、そして護身用品の取り出しから使用という動きを考えると
できるだけ小さくさばく事が必要になります…
~ストロークの確保~と言っていますが攻撃、離脱への自分自身の体の部位の可動域を確保します…
セルフディフェンスでの
~攻撃寄りのさばき~
というのはさばきを出来る限り小さくし攻撃のストロークを確保することを考えたさばきです😃
少量の移動…
これだけで攻撃的な体術のバリエーションは増えていきます😃
そして相手へのダメージも増やせます😃
~さばき~攻撃~
までの動きです…

さばきのニュートラルポジションから…足の親指、一関節分前進するだけで…より相手の肩へのアプローチが強くなります😃なぜそんなに小刻みに動くのか?それは、セルフディフェンス発動場所に関係します。例えば居酒屋のトイレや施設内通路など活動範囲の限られた中で打撃や掴み、そして護身用品の取り出しから使用という動きを考えるとできるだけ小さくさばく事が必要になります…~ストロークの確保~と言っていますが攻撃、離脱への自分自身の体の部位の可動域を確保します…セルフディフェンスでの~攻撃寄りのさばき~というのはさばきを出来る限り小さくし攻撃のストロークを確保することを考えたさばきです😃少量の移動…これだけで攻撃的な体術のバリエーションは増えていきます😃そして相手へのダメージも増やせます😃~さばき~攻撃~ までの動きです…#セルフディフェンス #護身術

セルフディフェンス avoid(危機回避型格闘技)さんの投稿 2019年2月14日木曜日