menu

ご挨拶

自分を守るということは、大切な人を守ること

備えあれば憂いなし。普段からの小さな備えの大切さ

昨今、残念ながら安全大国と呼ばれる日本国内においても凶悪な事件や予想もできない様な危機的状況に遭遇するといった事案が多々発生しております。

そんな予測不能・突然に訪れる状況下での自己防衛・安全確保を強力にサポートする護身用品と危機意識を普段から備えるご提案を通じて皆様の安心・安全な暮らしのお手伝いができればと常に考えております。
SELF-Defense avoidでは皆様の身に降りかかる様々な危険から皆様自身を守る為に最善・最適な防犯・護身用品を取り揃えると共に…
~逃げる為の身体作り~を目的に.個人個人に合ったトレーニング・格闘術・防犯護身用品の総合コーディネートを提供させていただいております。

「備えあれば憂いなし」

SELF-Defense avoidは「普段からの小さな備えの大切さ」をご提案し続けております。

 

講師プロフィール

佐方 健二 -kenji sakata-
Crisis avoidance creator(危機回避クリエイター)
self-defense avoid 代表
 
1972年東京生まれ
幼き頃より剣道の師範である父より武術を学ぶ。
習志野自衛隊外部道場にて自衛隊徒手格闘技を習得。
国際統合徒手格闘技連盟 健武会として独立。独立後はアマ・プロ格闘技選手の育成を行う。
自衛隊徒手格闘技をベースとし、セルフディフェンスに特化した体術
avoid self defence systemを創始
 
自衛隊国際統合徒手格闘技連盟 健武会 代表
総合防犯護身用品販売 avoid 代表
危機回避型格闘技 avoid 代表
一般社団法人 日本防犯危機回避協会 代表理事
一般社団法人 全日本防犯グッズ協会 会員
防犯設備士
ファイティングピラティス 主催
自衛隊徒手格闘技 参段
実戦空手木村道場 六段
BESJマットピラティス 公認インストラクター
Body Code System公認 マスターストレッチインストラクター
日本エン・スポータブル協会公認 トリガーポイント社グリッドフォームローラーインストラクター

 

 

杉山尚弥 -sugiyama naoya-

1978年 新潟県生まれ
民間のボディーガードシステムにより、様々な武道・武術・格闘技を学ぶ。
護身システム『SAFEGUARD SELF-DEFENSE SYSTEM』創始。
一般から警察・警備業、役者まで指導は幅広い。
メディアへの指導・監修多数。
東京セーフガード 代表
Panantukan Academy Fukushima 代表
 
●TV
『5時に夢中!』(TOKYO MX)・護身術監修
『アイドリング!!!』(フジテレビONE)・護身術監修
『芸能人更生バラエティ バナナ塾(ゲスト・おのののか)』(東海テレビ)・護身術監修
『ためしてガッテン』(NHK総合)・護身術監修
『SUPER☆GiRLSの超絶アドベンチャー!』(スカパー!プレミアムサービス)・護身術監修
『あさイチ』(NHK総合)・護身術監修
●映画
『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1~3』(Production I.G)・アクションシーン協力
●ゲーム
『凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ>』(ニトロプラス)・アクションシーン取材協力
 

 

願羽マサル -ganba masaru-

1981年 鳥取県生まれ(兵庫県出身)
アクションを特技とした俳優の経験を活かし、現在では東京セーフガード護身術インストラクター、ヌンチャクパフォーマー、イベントMC等、様々な分野で活動中。
日本で唯一のフリースタイルヌンチャクパフォーマンスチーム『願羽マサルwith願龍団』のリーダー。
日本屈指のヌンチャクの使い手との呼び声も高く、そのテクニックは世界基準、またエンターテイメント性が高いため、多くの芸能関係者にも指導。日本では数少ないフリースタイルヌンチャクの指導者で、ヌンチャク伝道師とも呼ばれている。
日本初のヌンチャクのみのパフォーマンスイベント『NUNCHAKU MANIA TOKYO』を主催。
ヌンチャク教室 フリースタイルヌンチャクin中野 代表

 
●TV
『5時に夢中!』(TOKYO MX)・出演(護身術指導)
『アイドリング!!!』(フジテレビONE)・出演(護身術指導)
『芸能人更生バラエティ バナナ塾(ゲスト・おのののか)』(東海テレビ)・出演(護身術指導)
『ためしてガッテン』(NHK総合)・出演(護身術指導)
『SUPER☆GiRLSの超絶アドベンチャー!』(スカパー!プレミアムサービス)・出演(護身術指導)
『あさイチ』(NHK総合)・出演(護身術指導)

 

野田 和哉 -kazuya noda-

1975年8月3日生まれ(三重県伊勢市出身)
すみれトレーディング有限会社 代表取締役

幼い頃より空手を始め、インターハイ、国体、国際大会などで活躍。
大学在学中に青年海外協力隊に参加。中米国グアテマラに赴任。空手ナショナルチームコーチと警察学校の格闘技教官を務める。プロ格闘家としても活躍。
帰国後、就職し物流・商社業界においてベトナム、中国、インドに駐在し合計12年という豊富な海外経験を持つ。自身のスポーツにおけるコーチング技術を異文化コミュニケーション、チーム運営、マネジメントなどに活用するノウハウを広く社会に役立てたいという志を持ち独立。中小企業の海外進出や新規仕入れルートの開拓を手掛ける貿易コンサルティング会社を運営する。コーチングにおける実績は、空手専門誌、読売新聞掲載、インドにてワールドカップ選出選手の育成など多数。
英語、スペイン語、中国語、ベトナム語対応可能。



●ビジネスの実績
南山大学 経済学部 経済学科卒業
2001年 名古屋の物流大手 名港海運株式会社に入社
    港湾コンテナヤードで10カ月の研修後、東京支店に配属。
    通関部を経て、ホンダ技研の輸出を取り扱う輸出第一部の北米向けチームリーダーを務める。
    茂木カートレースやモトGPといったイベントの物流手配の主幹する。
2005年 ベトナム子会社に出向。
2006年 JAL系ベンチャー物流会社よりヘッドハントを受け、転職。中国・大連に赴任。
    大連では中国人マネージャーの大額不正を発見、解雇。身の安全の為、家族を日本に帰す。
    一時的に事務所のスタッフが2人だけという事態に陥るが、その後徐々にオペレーション回復、
    大連市航空貨物取り扱い第2位まで復活。
2008年 インド・ニューデリーに副支店長として赴任。
    当時のグローバル顧客であったユニクロの進出に併せゼロから物流網を構築。
2012年 親会社JALの経営破綻に乗じて、医薬品大手の興和株式会社に転職。
    資源を扱う商社部門に配属。インド向け石炭の供給約250億円などを手掛ける。
2015年 インド・アーメダバード支店に支店長として赴任。
    インド大手財閥アダニグループと港湾投資や船の建造など数々のインフラ事業の折衝を行う。
    また自身も新たな事業を手掛け国境監視カメラや火力発電所向け監視システムなどゼロベースから
    4億円の事業規模に育てた。
2018年 長年の海外生活から帰国し、食品小売りを営んでいた両親の会社を受け継ぎ、
    「すみれトレーディング」に改名。
    ノウハウを持たない中小企業の海外進出を支援するコンサルティング事業を始める。

あいち産業振興機構 国際アドバイザー
国際協力機構(JICA) 海外進出中小支援 公認コンサルタント